緑内障の原因や症状&白内障との違い【漢方で健康的に改善しよう】

緑内障の原因や症状&白内障との違い【漢方で健康的に改善しよう】

男女

緑内障の発症と原因

緑内障はいつどのように発症するかなど、詳しいことは分かっていないのが現状です。緑内障が発病する原因は、眼圧の上昇などによって神経系に障害がおこることだと言われています。

婦人

自覚症状がない病気

自覚症状がほとんどないままに進行していくのが緑内障の怖いところです。頭痛や吐き気を伴う人もいますが、多くの人は緑内障の進行に気づかずにそのまま、ということもありますので、40歳を過ぎた頃から眼科の検診を受けましょう。

男の人

白内障との違い

白内障は緑内障とは違い、眼の中のレンズ(水晶体)が濁ることでおこりますが、手術をすれば基本的に視力は回復します。しかし、緑内障は神経系にダメージを受けるので、一度発症すると元には戻らない病気です。白内障も緑内障も40歳を過ぎた頃から増えてくるので、定期的に眼科を受診しましょう。

女性

漢方の力を借りる

もし緑内障になってしまったら、漢方を試してみるのも良いでしょう。様々な成分を総合的に摂取することで進行を遅らせることができるかもしれません。大阪で悩んでいる方も近くで漢方を扱っている所をたずねてみて下さい。

目に効果がある!主な漢方薬の成分

  • 目に良いビタミンが含まれているアワビ
  • 中国で緑内障の治療に使われていたエビスグサ
  • 血流を良くするクコの実

広告募集中