積み木と切り絵

仲介と買取

積み木と紙幣

買取が有利なケース

不動産を売却したいと思った場合には、ほとんどの人は不動産業者に依頼することになりますが、このさいの選択肢としては買取と仲介の2種類があります。仲介は文字通り仲介することで、売りたい不動産を不動産業者が売り出して買い手を探すサービスのことです。この仲介にもいくつかの種類があるのですが、いずれにしても買い手を見つけて不動産業者が仲介して売却することができるので、発生する費用は仲介手数料ですから、より多く現金を手にすることができます。ただ現実として買取相手が見つからないことも多く時間が掛かるのがネックといえます。一方で不動産買取では、不動産業者が買い取ってしまうものです。仲介を専らとしている不動産業者では不動産買取を行っていないことも多く不動産買取専門業者を利用することになります。不動産買取の場合には、その会社が買い手となるものです。買い取られた不動産は、そのまま転売されるケースもありますし何らかの収益物件化するといったこともあります。不動産買取を利用するメリットとしては、短期での売却が可能であり、また仲介とは異なり瑕疵担保責任が免除されます。また仲介ではないので不動産会社に支払う仲介手数料が発生しません。デメリットとしては、市場価格よりも安くなることや、すべての物件が買取の対象ではないということです。不動産買取が有利なケースとしては、ともかくその不動産をはやく処分してしまいたい場合があります。仲介では時間が掛かる上に確実に売れるとは限りませんが不動産買取では業者が査定して買取を行うので、非常に短期間で売却が可能です。